便利なアンチョビペーストを使う

アンチョビペーストアンチョビペースト

イタリア料理では色んな料理にアンチョビを使います。
アンチョビはカタクチイワシを塩漬けにしてオリーブオイルに浸しています。
塩漬けにすることでイワシが発酵して旨味成分が多くなるのです。
私も経験がありますが、暖かい所に置いておくと発酵が進んでペースト状になっていました。(^^ゞ

アンチョビは家庭で使う場合は缶詰だと多すぎます。
そこで便利なのがアンチョビ ペーストです。
ほとんどのアンチョビペーストは昔の歯磨き粉のように薄い金属のチューブに入っていますので使い勝手が良く、酸化しにくいので発酵が進みすぎることもありません。

では、どんな料理に入れるといいのでしょうか、もちろん材料にアンチョビがあるものはアンチョビペーストで代用できます。

ペペロンチーノ
にんにくをオリーブオイルで温めて唐辛子を加え、更にパスタの茹で汁を入れて乳化させる時にアンチョビペーストを少々入れます。
アンチョビペーストが溶けたらアンチョビ入りのペペロンチーノのソースの出来上がりです。
アンチョビペーストは塩味がきついので味を整えるときには塩を控えめにして下さい。
ペペロンチーノを作った経験がある人はわかると思いますが最後にアンチョビペーストを加えるだけです。
でも、これだけでいつものペペロンチーノがびっくりするくらい変わります、ぜひ作ってみてくださいね(*^_^*)

関連するレシピ

タグ

2011年11月11日 | |

カテゴリー:便利な食材

このページの先頭へ